建築業界の多様化に対応するフレキシブルな体制で
あらゆる解体工事を承ります

解体工事は、新たな開発への大切な第一歩です。特に都市部や住宅密集地では、近隣への配慮などデリケートな問題も多く含まれます。
また、格安工事をセールストークにする無許可解体業者による不法投棄は、自然環境を損なうだけでなく、解体工事の発注者側(施主様)も法的に罰せられることになります。
数多くの実績を持ち、あらゆる面に配慮した安心・安全な解体工事は、『産業廃棄物処理運搬業・許可』を取得している富士解体工業にお任せ下さい。

  • 新築、建替えの住宅解体工事
  • アパート・マンション等、集合住宅の解体工事
  • 商業ビル・テナントビル等、中高層ビルの解体工事
  • 門扉・フェンス・ブロック塀等、部分的な解体工事
  • 住宅リフォームの部分的な解体工事
  • 店舗解体工事
  • 特殊解体工事

解体工事のお問い合わせから工事完了までの流れ

一般的な建物解体工事・建築解体工事の、お問い合わせから工事完了までの流れです。
お客様のご要望や現場の状況に応じて、対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

解体工事お問い合わせ

解体工事現場の住所・建物の構造・面積(坪数)をお聞かせください。
管路内に浸入した、砂・土砂などを高圧水で排出します。

解体工事に関するお問い合わせは・・・・
富士解体工業
TEL:03-3889-2277
お問い合わせフォーム

現地調査

建物構造種別・解体作業環境・近隣環境・搬入搬出ルート確認・解体作業重機車両選定をいたします。

お見積りの提出

解体工事にかかる費用・解体方法などをご説明いたします。

解体工事請負契約

解体工事の請負契約を交わします。

建築リサイクル法に基づく届出

※建設リサイクル法とは建物解体により生じた産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化)を促進するために定められた法律で解体する建築物の延べ床面積が80㎡を超える場合には届出が義務付けられています。

■解体により生じた産業廃棄物のリサイクル(再資源化)
●金属⇒製鉄原料 
●コンクリート⇒砕石・アスファルト
●石膏ボード⇒石膏ボード 
●木屑⇒燃料チップ、パーティクルボード
●プラスチック⇒プラスチック再生原料 
●ガラス・陶器⇒陶器再生原料

近隣挨拶

解体工事現場近隣の方々にご挨拶及び解体工事概要・作業工程・緊急連絡先などをご説明いたします。

解体工事着工

解体工事期間中は現場の作業環境や状況により万全の対応を行います。

●騒音対策:防音シート・防音パネル養生・低騒音型重機使用
●振動対策:余剰負荷をかけない操作・重機低速走行
●防塵対策:みずまき・防炎シート
●安全対策:毎日のKY活動・安全帯使用・ガードマン確保

搬出

解体工事により生じた産業廃棄物を分別し中間処理施設へ搬出します。

マニフェスト伝票作成

マニフェスト伝票とは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように処理されたのかを書類にしておくもので5年間の保存が義務付けられています。

建物滅失登記

富士解体工業提出の家屋取り壊し証明書を添付して最寄の司法書士にお願いして建物滅失登記を行なってください。